稼げる商材!!

04月01日 23時13分情報商材ついての感想、暴露

最近なにやらこの情報商材が紛糾されているようです。
情報商材業界の中で叩かれる。それって実は優秀な情報商材だという証明だと思うのですが、突飛しすぎですか?
何がなんだか解らない情報商材が多い中、唯一と言って良い稼げる情報商材です。
しかし、この情報商材を叩いている人が多いのです。
なぜだと思います?
叩く。それはつまり、「売れたら困る」んですよ。

なぜ売れたら困るのか。

それは、この情報商材が知れてしまうと、
他の情報商材が詐欺のようなものしか販売していないという事がばれてしまうんです。

だってそうだと思いません?
「誰でも稼げる」、「一日数分で稼げる」、といった謳い文句の情報商材。
蓋を開ければオークションやただのアフィリエイトという事も珍しくないですし、
そもそも「限定○人」といった情報商材なのに、
「購入しました」と紹介しているアフィリエイターはそれ以上の数...(笑)

情報商材業界がどれだけいい加減な業界なのかがわかるのではないでしょうか。
つまり、情報商材業界からすると、「本物」が出てこられると困るのです。
陳腐な情報を高額で販売するという予定調和を壊してしまう「本物」が出てきてしまうと、
本当は稼げない自分たちの情報商材を購入してくれる人がいなくなってしまいますから。
そうした点を考えると、が紛糾に晒されているのも納得出来てしまうんです。

攻撃されるという事は、つまりは足並みを揃えていないからでもあるのです。
特に情報商材業界は恐ろしく陳腐な業界です。
そうした業界から攻撃されるのは、冒頭でも説明しましたが、
むしろ素晴らしい情報商材である何よりの証なのではないでしょうか。

「ここまで批判されていると...」

と思う人もいるかもしれません。しかし、では逆に、大絶賛されている情報商材で本当に稼げる情報商材はあったでしょうか?
どの情報商材も販売してから数ヶ月もすれば何事もなかったかのように消えていって行くのです。
その点、無題商材は販売から既に何年も経過しています。
本当におかし情報商材であれば、ここまでの長寿作品にはならないのではないでしょうか。
情報商材も物を売るという点では販売業でしょうが、長く販売されているという事実。
それが何よりの信頼感なのではないでしょうか。「新商品」は魅力的な言葉です。
しかし、すぐに消えるという事は、それはつまりはその程度だったという事です。
新しさという刺激も大事ですが、しかし、「信頼」という安心感も大事でしょう。
特に情報商材を購入する理由はお金を稼ぐためでしょう。

しかし、無題商材以外の情報商材で稼げるもの、あったでしょうか?残念ながら無いのが実状ですよね。
もちろん、本当に稼げる情報商材はしっかりと紹介しますが、情報商材を見ていると、
そのビジネスモデルは情報商材を販売し、それをアフィリエイターが絶賛する。
それだけです。なぜか?その情報商材はお金を儲けて欲しいと販売しているのではなく、
自分達が儲けたいだけなのですから、当然購入する価値などありません。

そもそも、本当に稼げる情報商材であれば、アフィリエイターからだけではなく、
普通のブログなどでも「稼げる」と評判になっても不思議ではない気がするのは気のせいでしょうか?